リーグルール

ライトリーグ 競技ルール

この競技会ルールはライトリーグ(以後Lリーグという)の競技委員会及びリーグ運営委員会において立案し理事会の承認を受けて決定する

また、下記のルールにおいて行われた試合で、競技中に怪我等をしても事務局は一切の責任は負いませんので、参加者個人で怪我等の無いように自己管理をお願いします

 

【第1項】用具・設備

  1. ダーツの矢の長さは30.5cm以内とし、重さは50g以内とする
  2. 競技会においては、公認ダーツボードを使用しなければならない
  3. 設置するボードの高さはボードの中心から床までの高さを173cmとする
  4. ダーツボードの20がトップセンターであり、シングルの色の暗いほうを20とする
  5. 照明は試合の進行に支障のない明るさで、投げる時の妨げにならない位置に据え付ける
  6. スローイングラインはダーツボード面に平行であり、ボード面から垂直線を床上まで引き、その線より237cmの位置にスローイングラインの後端があるように設置する。スローイングラインの長さは、61cm以上にする
  7. Oche(オキ、ホッケイ、スローイングラインの上に固定する一段高い仕切り板)を設置することもできる。設置する場合、高さ3.8cm以上、長さが61cm以上で、Ocheの後端がスローイングライン後端と一致するように設置する
  8. 原則としてダーツボードの近くに、投げている選手にはっきり見えるようにスコアーボードを表示する

【第2項】競技

  1. ダーツは手で投げること
  2. ダーツを1本ずつ3本投げ、それを1ワンスローとする。但し3本のダーツ以下でゲームが、またはレッグが終了したときは3本投げる必要はない。また3本を必要としない競技もある
  3. 試合においてスローイングは対戦相手と交互に行う。また個人戦以外においては各チーム内のスローイング順を守らなければならない。万が一順番を間違えた場合は間違えた時の得点は0点になる
  4. ボードにささらず、落ちたり跳ね返ったダーツは、スタートを決めるときのミドルスロー及び制限内に終了できない試合のミドル勝負以外は再投できない
  5. スローイングライン又は仕切り板(Oche)の後端から投げること。それよりも左右両側に出て投げる場合は、スローイングライン又は仕切り板の延長線より後ろから投げることができる。スローイングライン又は仕切り板の延長線より前から投げた場合はそのダーツのみ無効となる

 

【第3項】得点・記録

「一般」

  1. 各競技のマーカー及びスコアラーは、トーナメントにおいて主催者の認定した者であり、リーグ戦においては、両チーム主将が承認した者であること
  2. 最後の矢を投げ終わって、スコアラーが得点を記録するまでは矢はボードにささっていなければならない
  3. 矢の先端がボードにタッチしていなければ得点にならない。ワイヤーの下をくぐって矢の先端が隣にタッチした場合、矢の先端で得点を決めるのではなく、ワイヤーをくぐり抜ける前のボードの得点をとる
  4. 得点を確認するまでは、ボード上の矢に触れてはならない。記録された得点の確認は選手の責任であり、矢を抜いた時点で変更はできなくなる
  5. スコアーボード上(WEB・システム上)に記された得点数の計算間違いは、次の選手が投げる前に訂正されなければ、間違いのまま進める
  6. 得点はスコアラーによってスコアボードに記入される
  7. 原則として「空いている人がいる場合」はコーラーをつけるものとする。最少人数での対戦となり空いている人がいない場合はコーラー無しのセルフコールで試合を行う

「01競技」

  1. ダーツボード上において、ダブルリング(外周のリング)とトリプルリング(内周のリング)の間、又はトリプルリングとシングルブル外周の 間の範囲にダーツが入った場合、その範囲の外側に印されている得点となる。ダブルリングに入ったダーツは2倍となり、トリプルリングに入った得点は3倍と なる。シングルブルに入ったダーツは25点であり、ダブルブルは50点になる
  2. ダブルブルでスタート(ダブルスタートの場合)及びフィニッシュすることができる
  3. その競技大会の規則によって、ストレートスタートかダブルスタートのどちらかに決まる。ダブルスタートでは選手はダブルリング又はダブルブルにダーツを入れなければスタートできない。ダブルスタートした時点より全て得点となる
  4. レッグまたはゲームを終わらすためには、残りの点の半分にあたる得点のダブルに入れなければならない
  5. ゲーム又はレッグにおいて、最初に必要なダブルをとってゼロにした方を勝ちとする。またフィニッシュしたあとの得点は数えない
  6. 競技大会の規則によって301,501,901その他の01競技レッグが可能である。得点は決められたXX01から差し引かれる
  7. 選手が残りより多くの得点をした場合、または1点を残した場合、ダブル以外で残り点を0とした場合、バーストになる。バーストの場合は残り点は前回のままになる
  8. コーラーが計算中にダーツが落ちてしまった場合、コーラーが刺さっていた場所をコールした場合は得点が有効となる。また、フィニッシュの際に同様の事が起こっても刺さった場所をコールした場合は有効となる
  9. 試合またはゲームは適当な時間で終わるためにダーツ数を制限することがある
  10. 501ゲームのレッグはリミットを45ダーツ(15スロー)とする
  11. 競技会規則によって別の制限をつけることは可能である
  12. トーナメントの決勝戦は原則としてノーリミットとする
  13. リーグ戦においてチームゲームはリミットを90ダーツ、シングルスゲーム、ダブルスゲームは45ダーツとする
  14. リ ミットに達したとき、先にリミットに達した選手又はチームがミドルに1本のダーツを投げ、次にもう一方が1本のダーツを投げる。(センターに近い方が勝 ち)ダブルスゲーム又はチームゲームにおいては、該当試合出場者の誰が投げても良い。この時ミドルに投げたダーツがオンボードでなければささるまで投げ直 さなければならない。それ以外の順番は試合開始のルールを適用する
  15. ダブルスタートゲームにおいては片方のチームがスタートをし、もう一方のチームがリミット以内にスタートをすることができない場合も前項を適用しミドルを行う